ホーム 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

特定健診・特定保健指導

  1. ホーム
  2. 健康づくりに
  3. 特定健診・特定保健指導

40歳から74歳までのすべての被保険者および被扶養者に対して、特定健康診査(特定健診)が実施されています。特定健診とは、メタボリックシンドロームの該当者および予備群を減少させるための特定保健指導を必要とする人を抽出するために行うものです。当健保組合の実施計画は「特定健康診査等実施計画」に掲載しています。

特定健診の受診方法

受診方法
  • 被保険者(①)
    会社の①定期健康診断を受診した際に合わせて実施します。
  • 被扶養者・任意継続被保険者(②、③、④)
    ②人間ドックまたは③巡回レディース健診で受診するか、「特定健康診査受診券申請書」(記入例)を健保組合へ提出して、交付される「受診券」と「保険証」を④集合契約健診機関に提示して受診します。(受診券は申請後、1週間程度でお届けいたします。)
受診機関
  1. ①定期健康診断にて受診する場合は、事業所の指定する健診機関で受診します。
  2. ②人間ドックにて受診する場合は契約医療機関で受診してください。
  3. ③巡回レディース健診で受診する場合は健保組合より別途ご案内します。
  4. ④集合契約健診機関で受診する場合は、健康保険組合連合会のホームページで受診機関をお探しください。
健診区分

受けられる機関が異なりますのでご注意ください

健診機関等 被保険者 任意継続
被保険者
被扶養者
①定期健康診断
(定期健康診断に代えて人間ドックを受診する場合も含む。)
②人間ドック
③巡回レディース健診
主婦のみ
④集合契約健診機関

特定保健指導の実施方法(対象者には個別にご案内します)

実施方法
  • 被保険者
    会社の定期健康診断結果を階層化のうえ、対象者には別途ご案内します。
  • 被扶養者・任意継続被保険者
    人間ドック、巡回レディース健診、集合契約健診の結果を階層化のうえ、対象者には別途ご案内します。
このページの先頭へ
ページ先頭へ戻る

メニュー

健保のしくみ 健保の給付 健康作りに 各種手続き